お金はエネルギーの形

未分類

こんにちは、yukinoshitaです。
前の記事で、私は成長するために生きている!と答えると言いましたが、
逆に、こういう考えの人って多いんじゃないかなーって思います。
それは、「お金の為に生きている」っていう、拝金主義の人です。
それなので、今回は「お金」について、少し面白い考え方を紹介したいと思います。

 

まず、拝金主義の人って、”お金があれば何でも買える”だと思っています。
お金は食べ物を買えるし、健康も買えるし、人間関係だって買えてしまう。
まず、お金を手に入れないと、何も始まらない!っていう感じだと思います。

 

また、平均的な日本のサラリーマンの生涯年収は2.7億円と言われています。
なので、一般男性の価値は2.7億円みたいな。笑
そういう「一次元的な評価」で価値を決めつける感じでしょうか。

 

まぁでも、実際は全然そんなことないですよね。
大好きな人に囲まれて、健康で幸せに生きる2.7億円のサラリーマンと、
大病を患っているのに、皆に見放されて孤独に生きる2.7億円のサラリーマンだと、
とても同じ価値だとは思えないです。

 

さて、
ここで「一次元的な評価」という話は、前の記事でちょっと紹介したと思います。
そんな感じで「お金」のことも考えてほしくて、
「金運とは、エネルギーが流れ込む一つの箱だ!」って考えてみてください。

 

これを図で説明すると、
エネルギー


|----------------…
|   |          |
金運  出会い(人脈)運  健康運
こんな感じになります。

 

なので、先ほどの例で出した、孤独な2.7億円のサラリーマンは、
「金運(お金)」にエネルギーを極振りしてしまった結果と言えると思います。

 

あと、よく言われているのが、
宝くじで一攫千金した人は、幸せな末路を辿ることが殆どないって言われています。
ギャンブル狂になったり、大事な人に騙されたり、高額を扱いきれずに病気になったり…
これら全ては、エネルギーを超える金運が流入してきたことが原因と考えられます。

 

それとおんなじ考え方で、
貧しいし健康とは言えないけれど、大切な家族や友人に沢山囲まれているって人と、孤独なサラリーマンは、
エネルギーの総量が同じ、って考えることができると思います。

 

まぁ実際、「何が幸せなのか?」って言われると、
それは、個人がそれぞれの箱にエネルギーを流し込むバランスなのかな、って思います。
ただ、拝金主義のように、「お金」に極振りをしても幸せにはなれないんじゃないかなー、って思うわけです。

 

けれども一方で、「お金を稼ぐことは絶対悪だ!」っていう考え方も、間違った先入観だと思います。

 

こういう考え方の人って、小さい頃の親の教育が影響してると言われています。
前の記事では、「リミッティングビリーフ」として紹介しました。
紙幣や硬貨を触った後に、
「お金は汚いんだから、触った後はちゃんと手を洗いなさい!」
っていう親は、正にそれです。笑

 

お金をもらうというのは、エネルギーを貰うこと、って考えてほしいと思います。
そして、貰ったエネルギーで、自分の「エネルギーの総和」を高めて、そのエネルギーを、またどこかへ流すのです。
エネルギーの循環、っていうイメージでもいいかもしれません。

 

エネルギーは生モノなので、動かさないでおくと、腐ってしまいます。
これは「執着するものは失われる方向に力が働く」で説明できると思います。

 

大海原のように、波があっちに行ってはこっちに行って…
そんな、循環性のある状態が理想だと思ってみてください。

 

なので、お金を払うこと、貰うことは「循環」の一種なので、悪いことじゃないんです。
これって、「消費」じゃなく、「投資」にお金を使うことだと思います。

 

さて、先ほど「エネルギーの総量を高める」って話しました。
エネルギーの総量ってどうやったら高まるの?っていうと、
それはやっぱり、「成長」なんだろう、と思います。

 

成長を通じて、エネルギーの総和が高まると、そのエネルギーをお金にも、良い出会いにも流すことができます。
お金だけを求めて不幸になることもないので、
体癖5種が入っている私は、やっぱり合理的だな、って思うわけです。笑

 

そんなわけで今回は、「お金はエネルギーの一種」という説明をしました。
ちなみに、占いとかで言われる「金運があります!」とかっていう人は、
エネルギーが金運に流れていきやすい、という状態だと捉えることができます。

 

でもここで、「お金は汚い!」っていうリミッティングビリーフが働いちゃうと、
エネルギーがフィルターに引っ掛かり、総量が少なく感じてしまいます。

 

なので、「エネルギーの総和を高める」もう一つの方法は、
「フィルターをぶっ壊せ!」です。笑

タイトルとURLをコピーしました