情ではなく愛をもつこと

未分類

こんにちは、yukinoshitaです。
前回の記事では、「課題の分離」のお話をしました。

 

「人の課題」を勝手に「自分の課題」にして、あれこれ言うんじゃなくて、
自分の課題は自分で解決しましょう!と言うお話だったと思います。

 

そして、そんな勇気が持てたら、過去に縛られない自分の勇気を踏み出す第一歩であると、そう感じています。
「なんて自分は自己中なんだ…」って自覚するところが、スタートです。笑

 

さて、そんな話を続けてきたのですが、
今回は、「人間関係」について、また少し違った角度からお話ししたいと思います。

 

今回は、「情と愛」の違いについて、お話ししたいと思います。
「情」と「愛」の違いって、何かわかるでしょうか?

 

実は、この答えってとっても簡単なんです。
「自分が得をする」と思って行動してあげるのが「情」で、
「相手が得をする」と思って行動するのが「愛」です。

 

さて、ここで「自分が得をする」というのは、お金のような「有形なもの」に限りません。

例えば、SNSでよく見る、「かわいそうアピール」をする人っているじゃないですか。笑
ああいうのに反応する人って、「助けたい」と思う心のどこかで、
「今ここでこの人に反応してあげたら、この人に認めてもらえる…」
って思っています。

 

こういう、「自己承認欲求」のような「無形なもの」にだって、得を感じているのです。

 

この、「かわいそうだから〜してあげる」というのは、大体が「情」です。
これは、本当に相手のために思って行動しているのではありません。
自分のためです。

 

また、「かわいそうアピール」のことを「狐的(きつねてき)」と呼びます。
気を集めると書いて、「気集(きつね)」でもいいかもしれません。

 

どういうことかというと、
人からかけられる「情」は、「エネルギー」でもあります。
人から「エネルギー」を奪い取り、集めているのです。

 

特に現在は、簡単にSNSで人と繋がることのできる時代です。
不特定多数の人から、「気」を集めることなんて、本当に簡単にできてしまいます。

 

「努力はしてないけど、人に認めてもらいたい…」
「私はあなたに興味はないけど、あなたはもっと私を見て…」
そんなドロドロした欲求の正体が、狐です。

 

ちなみに、世の中の恋愛の9割が、「情」の掛け合いだと言われています。
「かわいそうだから、付き合ってあげよう」とか、「この人は私がいないとダメになっちゃう!」とかをやってしまいます。
そして、これは体癖10種の品下がりパターンでしたね。

 

「もっと見てほしい」「見てあげるから、すごいと思ってほしい」
そんな、「情」のキャッチボールを続けていたら、二人ともエネルギーはなくなっていきます。
それか、「見てあげる」方は一向に返ってこないか、です。笑

 

また、受験の話に映るのですが、
受験生の男女が恋愛したら、「男」の方はほとんど受験に失敗すると言われています。笑
そして面白いのが、実はこれ、「受験業界」では当たり前の話らしいですよ。

 

これはなぜかと言うと、
基本的に女の方が、男のエネルギーを奪うからです。

 

また、若い時ってエネルギーの総量が少ないので、
「恋愛」にエネルギーを振りすぎちゃって、勉強するエネルギーが枯渇してしまうからです。
そして、エネルギーを貰った女の子は、案外受験に成功するらしいです。笑

 

まぁ、あくまでも傾向として、っていう話ですので、
それでどっちが悪いとか、無理に自分を当てはめるとかの必要はないと思います。

 

それでは、「情」ではない「愛」って、具体的にどういうものでしょうか?

 

「エネルギーを奪い合う」のが情だと説明しましたが、
愛はその逆です。

 

つまり、「エネルギーを高め合う関係」ということが出来ます。
ちょっとおかしな感じになりますが、あっていない時に「自分のことを頑張ろう!」と思える関係が、理想的だなぁと思います。

 

逆に、「あなたに会えないと寂しくて何も出来ない、エネルギーが足りない!」
っていうのは、ダメですよね。笑
それって実は、会ってる時に感じてるのは、「愛情」ではなく「高揚感」です。

 

「愛情」と「高揚感」の違いって似たように思えますけど、
脳波の波形が全然違うと言われています。

 

「愛情」はα波です。
これは、リラックスした状態を表す、ゆったりとした波(低周波)を描いています。
一方の「高揚感」はβ波です。
緊張やパニックを表す、ギザギザの波(高周波)を描いています。

 

そして脳波がβ波のときって、パフォーマンスが落ちると言われています。
まぁ、だからこそ、別れたら「エネルギー切れ」になるんですけどね。笑

 

というわけで今回は、「愛」と「情」は違うものだ、というお話をしました。
恋愛関係に限らず、他者に「愛」をもって接することって、とっても難しいと思います。

 

なので、私が知る中で一つ、「共通の課題」として、「愛情をもって」相手と関わっていくフレーズを紹介したいと思います。
「よろしければ、お手伝いさせてくれませんか?」です。

タイトルとURLをコピーしました